映画のチケット値上げに

映画のチケット値上げに

JASRACが映画音楽の使用量を引き上げと
いうことで話題になっています。
この件に関するコメントを集めてみました。

 

ran***** | 1時間前
JASRAC無双
0
0
返信0
iji***** | 1時間前
JASRACとNHKは、一度解体した方が良い。
2
0
返信0
ish***** | 1時間前
だれかこの利権に群がるこの天下りのクズどもを、肥え太らせずにすむ別の合法的な経路を作ってくれないか。

 

何ごとも独占すると腐敗するからな。
1
0
返信0
juu***** | 1時間前
こんなJASRACは要らない
1
0
返信0
hsm***** | 1時間前
欧米並みに著作権を厳しくしたいなら、欧米並みにフェアユースを認めろよ、カスラック
0
0
返信0
qyldrbw***** | 1時間前
この団体の幹部ども路上で刺されたら反省するのかな

2
0
返信0
******** | 1時間前
なんなん、この害悪しかない団体。
そもそもこの人達は映画の集客になんら貢献してないやん。
それで金だけくれってか?
楽な商売ですなぁ〜。
他人の作った曲を「管理してやる!」ってしゃしゃり出てきて、
なんら貢献してないのに「その代わりに金もらいまっせ〜!」って金だけとってく。
しかも、その徴収した金がどう使われてるのか非常に不透明。
3
0
返信0
rjku**** | 2時間前
そろそろ国が動くだろ

2
0
返信0
1014432 | 2時間前
著作権者と著作物は守らなければいけません。

 

これは間違いありません。

 

JASRACは著作権者から管理委託された楽曲の使用状況の把握と管理をきっちり行い、委託元へ収納代行状況の報告をする義務があるのです。

 

それすら出来ていないのが、今のJASRACです。

 

包括契約というザル契約の元、体の良いミカジメ料を徴収して、そのカスミで食ってるわけです。

 

だから、楽曲使用の状況を正確に把握できようがなく、中抜きピンハネ料のほうがはるかに収入に占める割合は多いでしょう。

 

この上、JASRACが興行収入の1〜2%を徴収できる道理などありません。

 

JASRACがカスラックと言われるのは当たり前です。
1
0
返信0
ワタリガラス | 2時間前
その内、「耳がついた生き物は全員金払ってもらう」とか言い出しそう(笑)
1
0
ワタリガラス | 2時間前
その内、「耳がついた生き物は全員金払ってもらう」とか言い出しそう(笑)
1
0
返信0
なしなし | 2時間前
海外の方が上映使用料をもっと取ってるっていってるけど、海外の方が安く映画を見られるのはなぜか?
1

0
返信0
xh | 2時間前
これも酷いね…(・・;)?
これはムチャクチャだよ(呆)
JASRACって音楽などを排除活動でもしてるのかな?

 

何とかならないのかな?
これは本当に酷いよ(・・;)
4
2
返信0
jul***** | 2時間前
制作側が払うべきじゃないの?自分の著作権を守るんだろ?映画館からしたら著作権なんてどうでもよいし関係ないと思うがな。
0
0
返信0
月 | 2時間前
海外から見て日本の値段がおかしいのなら、今回のは妥当なんだろう。

 

が、

 

音楽教室の件があったりするから、釈然としない(笑)
0
0
返信0
kantei***** | 2時間前
こいつら炭鉱で働かせたい
0
0
返信0
Jim***** | 2時間前
映画のチケット値上げにつながらないかな?
そんなことになったらお客さんは離れて行き、映画館廃業して、収入なくなるけどそれでいいの?
1
0
返信0
***** | 2時間前

法律の拡大解釈もいいところだな。

 

これだったら、東宝とか東映とか松竹とかYAMAHAとか、もう自前の著作権管理団体つくって「うちの会社の社員が作ったものはウチが管理します」ってやっちゃったほうがいいね。ミュージシャン側も、必ずしもJASRACを使ってるとは限らないのでそういう人使えば、排除できるんじゃないのJASRACを。
0
0
返信0
kre***** | 2時間前
知財は無体財産で、それが使用されればされるほど「その知財が活用されている」という評価の証に繋がるため、比率の高低の問題はあるが固定額から収入比率に変える事自体は筋が通っていると思う。これが有体財産なら至極当然の話なんだよな。

 

その一方で疑問もあって、映画館は制作会社に上映のための費用を払っているはずだし、それとは別に興行収入が制作会社に入ってくる。加えて、映画制作時に音楽利用を許諾する時点で既に音楽の作者・権利者に対価が回るような契約を最初に結んでいるんじゃないのか?
そこから更に著作物使用料を映画館から徴収するとなると、同一名目の料金を2重取りしている(権利者は、製作会社から直接得る権利料とJACRAC経由で利用者から巻き上げる権利料の2種類を得ている)ように見える。その辺はどうなんだろう?
2
0
返信0
so2***** | 2時間前
法の番人と行って「音楽を食い物にしている」としか言いようがない。天下りの上から目線の代表的なものでしかない。著作権は尊重するが、中国では「いいもの真似して何が悪い」が普通であるが、人間の心はいいもの真似して生きて反映してきたことを忘れてはならない。
0
0